左側のメニューが表示されない場合は、のれんをクリックして下さい

胡粉について

胡粉は日本画などの重要な白い絵具です。ホタテ貝や牡蠣の貝殻の風化したものを粉砕して水干精製したもので、その精製の度合いによって価格が変わります。制作に応じて使い分けて下さい。
何度も洗いにかけられて不純物を極限まで取り除かれた「最上飛切」は最上級の純白です。 その下のランクが「白玉印」と「白雲印」で、人形のお顔の仕上げなどにも相応しい美しさです。 最も安価な物が「盛上胡粉」で、安価ですので遠慮なくたっぷり使えます。これは白さの中にくすみが感じられますので使用は下描きまでです。
見本 吉祥謹製
盛上胡粉

内容量:500g
定価:\800.-《税別》
見本 吉祥謹製
胡粉 白雲印

内容量:500g
定価:\2,200.-《税別》
見本 吉祥謹製
胡粉 白玉印

内容量:500g
定価:\4,000.-《税別》
見本 上羽絵惣謹製
胡粉 最上飛切 小

内容量:300g
定価:\3,400.-《税別》
見本 上羽絵惣謹製
胡粉 最上飛切 大

内容量:500g
定価:\5,400.-《税別》